​©️ あだちSOLV 2018

About

 

あだちSOLVは、足立区の環境問題(特にゴミ問題)を解決するため、2018年7月より活動を開始したボランティア団体です。

​設立背景

2018年9月15日、エストニアから始まった「World Cleanup Day(世界一斉清掃の日)」が日本でも初めて開催され、ニュースでも話題になりました。

 

主催者であるLet's Do Itの活動のコンセプトは、「世界のたった5%でいい。5%の人が社会問題に本気で取り組んだら、ほとんどのことは可能になる」と信じ、社会課題に向き合うことです。そして、ゴミ問題を解決するため、1年に1度、"全世界で一斉に清掃活動をする日"を定めました。

2008年に開始したこの活動は、10年を迎え世界150カ国に広まるようになり、2018年に日本上陸した年、私達は「日本でもこの活動を広めたい」という想いからボランティア団体を立ち上げ、実際に2018年9月15日には足立区を担当しました。

※詳細はWorld Cleanup Day公式サイトをご覧ください。

近年、海の汚染問題は世界的な課題にもなっています。私達の活動拠点である足立区には荒川が流れており、海につながる河川のゴミも無関係ではありません。そこで、SDGsの一つでもある「海の豊かさを守る」ことをミッションにしています。

「あだちSOLV」には、3つの意味があります。

1.Sail of the Lord Church Volunteer(セイルオブザロードチャーチ ボランティア)

あだちSOLVは、2018年2月に足立区平野町に設立されたSail of the Lord Church(セイルオブザロードチャーチ)のメンバーが立ち上げ、これまでの活動にも同教会内でボランティアに関心の高い方々が主に参加しています。その他、ご家族、ご友人、地域の方々等、教会には普段通われていない方にも多数ご参加いただき、また運営にもご協力いただいています。

2.木星の別称(Sol V)

木星は【太陽系の掃除屋】という異名を持ちます。

木星は数多くの彗星を重力で引きつけ、地球などの内惑星を保護してきたためです。もし木星がなければ、地球に衝突する小惑星の数は、1000倍(数万年に1回)になってしまいます。

Wikipediaより要約

あだちSOLVは【足立区の掃除屋】となり、荒川を中心として足立区の清掃活動を行い、環境問題に取り組むことを目指します。

3.解決する(Solve)

「Solve」を訳すと「解決する」という意味です。

あだちSOLVは足立区を中心とした地域の課題解決を目指しています。

​名前の由来